エミュレータでスーパーマリオ256面

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

256面バグとは

有名なバグでファミコンのニンテンドーテニスとスーパーマリオを組み合わせることでステージが256面まで増えるバグです。

方法

1,スーパーマリオのromを用意します。

注意romのダウンロードは犯罪です。romはカセットから抜き出してください。

僕はカセットから抜き出したのをつかいました。

2,バイナリエディタを入手します。

androidはHEX Editorをwindowsは StirlingをMac,linux,iosは自分で調べてください。

3,バイナリエディタを開いてマリオのnesファイルを選択します。

4,わけわからない英数字が並んでます。バイナリエディタの検索機能から040302を検索します。

5,ヒットしたらそこを好きな英数字を入れます。

6, 000910(0面、9面、10面)にしました。

7,フロッピーのボタンなどを押して保存します。(変更部分をメモしてください)

8,ファミコンエミュレータをダウンロードします。すぐ出るので調べてダウンロードしてください。

9,エミュレータを起動して改造したファイルを選択します。パソコンならメニューのファイルから、スマホならトップ画面から選択できます。

10,  1-2の中間まで普通に遊びます。

そして最後のエレベーターに乗って隠し土管のとこに行きます。

すると、、、

数字がナゾのブロックに変わっています!入って見るとバグったコースが遊べます。

バグコースの写真

首なしジュゲム

雪国?

夜?

1-1+ボスのようなコース

このように数字を適当に変えるだけで面白いコースが遊べます。ぜひやってみてください

スポンサーリンク
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告