ITゲームインフォ

IT,ゲーム,ラジオの情報を配信

Sketchwareの使い方 基本を覚えよう!

time 2017/09/19

このガイドはSketchwareを使い始めると同時に、Sketchwareを最大限に活用するのに役立ちます。

Sketchwareをインストールしていない場合はここからダウンロードしてください。

今回は2つのトピックを扱います。

1. Sketchwareの機能を理解する

2. あなたの最初のプロジェクトの開始と共有

1.機能の解説

共有プロジェクト

この画面は「共有プロジェクト」と言いますここでは他のSketchwareユーザーが作成したプロジェクトを見つけることができます。ここでさまざまな他の人が作成したプロジェクトを見ることができます。後で自分のアプリを作成するときにも、ここで共有することができます。

プロジェクトの作成

Sketchwareでは、プロジェクトを作成するには2つの方法があります。

  1. Sketchwareのサンプルアプリケーション
  2. カスタムプロジェクト

Sketchwareのサンプルアプリケーション

プログラミングの知識や案がない場合は、Sketchwareのサンプルを使うことをお勧めします。

それぞれのサンプルを完成させることで、新しいプログラミングの概念を学ぶことができます。

カスタムプロジェクト

以前のプログラミング経験はあるのならすぐにプログラミングを始めてみることもできますし、Sketchwareのサンプルを作成してプログラミングを試してみることもできます。

カスタムプロジェクトを開始するには、[ マイプロジェクト ]タブに移動します。[マイプロジェクト]では、独自のアプリケーションを作成できます。

右下のフローティング+ボタンをクリックします。

ここでは、アプリケーションの「ID」を設定します。 パッケージ名(package name)とは、プリケーション固有の名前と考えればokです。他のものと重複すると同じアプリと見なされるので注意してください。

パッケージ名は通常、some.name.foryourapplicationの形式です

この例では、com.my.projectを使用します。保存をクリックすると、次の画面に進みます。

  ビューエディタ

これは、アプリケーションをデザインするビューエディタです。左側にはレイアウトパーツとウィジェットがあります。

  1. レイアウト  -  保持できるコンテナさまざまな向きのウィジェット
  2. ウィジェット  - テキストなどの基本的なユーザーインターフェイスコンポーネントやボタン

これらを配置するには、次のように、それらを長押ししてエディタにドラッグする必要があります。

しかし、エディタ内での配置をすると、各ウィジェットの下にウィジェットを垂直にしか配置できません。ウィジェットの隣に置くにはどうすれば良いのでしょうか?

こういったときに使うのがLayoutです!

さまざまなレイアウトを使用することで、さまざまな方向にウィジェットを配置することができます!(H)は水平を表し、(V)は垂直を表します。

TextViewの色フォントサイズを変更したい場合はどうしますか?

ウィジェットは異なる 、背景色、幅、高さ、可視性などのプロパティを持ちます

そのためには、そのプロパティを編集する必要があります。このようなウィジェットをクリックするだけで、これを実現できます:

多くのプロパティがあり、最初はか訳がわからないかもしれません。しかし、心配しないでください!Sketchwareにはウィジェットヘルパーが組み込まれています。まず、ウィジェットヘルパーを開きましょう。

ヘルパーでは、さまざまなウィジェットでさまざまなプロパティを変更することができます。ここでは、ボタンウィジェットのrotateプロパティを使いました。異なるウィジェットで遊んでをてウィジェットヘルパー、あなたは財産の概念を習得します時間がありませんの!

多くのプロパティがあり、最初は少し圧倒されるかもしれません。しかし、心配しないでください!Sketchwareにはウィジェットヘルパーが組み込まれています。まず、ウィジェットヘルパーを開きましょう。

ヘルパーでは、さまざまなウィジェットでさまざまなプロパティで遊ぶことができます。ここでは、ボタンウィジェットのrotateプロパティを使いました。

次に、アプリケーションのプログラミング方法について説明しましょう。

ロジックエディタ

Logic Editorは、アプリケーションの動作をプログラムする場所です。例えば、ボタンをクリックしたら何をするのかをプログラムすることができます。

イベントとコンポーネント

ロジックエディタは、次の2つの主要機能で構成されています。

  1. イベント  - イベントはユーザアクションです。ボタンをクリックするか、チェックボックスをチェックすると実行できます。
  2. コンポーネント  - コンポーネントをバックグラウンドで動作するウィジェットと考えます。これらは音の再生電話の振動などの作業を処理します。

上記の画像では、名前付きのデフォルトイベントがあり、onCreateという名前になっています 。このデフォルトイベントで作ったプログラムするものは、アプリケーションの起動時に起動されます。

Buttonなどのアクションを実行できるウィジェットを追加するたびに、[Events]タブに新しいイベントが追加されます。後で、これらのイベントの動作を編集する方法について説明します。下にそれをチェックしてください。ビューエディタに+ボタンを押してonClickを追加し、ロジックエディタにイベントを追加します。

一方、コンポーネントは手動で追加する必要があります。ウィジェットと同様です。今はこれらについて心配しないでください。

イベントコンポーネントを組み合わせることで、非常に実用的なアプリケーションを作成するのに役立ちます。次に、各イベントをどのようにプログラムして動作を変えるかについて見ていきましょう。

ブロック

Sketchwareでは、ブロックですべての動作をプログラムします。これはMITのスクラッチブロック言語と同じようなものです。これらはどうやって使うのでしょう?ここで、見てみましょう。

これらの各ブロックがその名前を見ることによって何をするのかを推測することができます。(英語がわかる人にとっては)

レゴのように、これらのブロックを接続することができます。それらを一緒に接続することで、特定のアクションを実行できます。たとえば、ブロックで「1 + 2 = 3が正しい」としたければ、次のようになります。

異形ブロック

もっと重要なことは、ブロック内の穴がどのように異なる形をしているかを見てみましょう。

これらのブロックは、異なるタイプの入力を取ります。

  1. 長方形  - 文字列abc123などの一連の文字)の値だけを取ることができます。
  2. 楕円形  - 1または12312などの数字の値だけを取ることができます。文字列値は受け入れません。
  3. 六角形  -だけで取ることができ、真または偽の値。(訳せませんでした。意味不明ですね。すみません。)

コマンドブロックと入力ブロック

また、異なる目的のために異なる形状のブロックがあることに注意してください。

パズルのピースのように互いに接続できるブロックをコマンドブロックといいます。ウィジェットの回転やウィジェットのテキストの変更など、特定のアクションを実行します。

接続しない他のブロックは、通常、コマンドブロックへの入力として使用されます。

これらのブロックは、形が合う限り接続することができます!かなり簡単ですね。これらのブロックを組み立てるのに、プログラミング経験は必要ありません。しかし、多くのブロックがあるので、各ブロックが何をしているのか疑問に思うかもしれません。

同じようにウィジェットヘルパー、そこにあるブロックのヘルパーでブロックがどのように使うのかを英語で見ることができます。(日本語化たのみます)

ブロックに使い慣れていますか?これらのブロックを、前に説明したイベントに接続してみましょう。

イベントの編集

ブロックイベントに関する私たちの知識を組み合わせることで、プログラムできるようになりました!

最初のアプリケーションとして、ボタンをクリックすると “Hello World!”というメッセージを表示するアプリケーションを作成します:

まず、ボタンの前に作成したイベントを開きましょう。ここで、フローティングボタンをクリックすると、イベントに使用できるすべてのブロックが表示されます。

このアプリケーションでは、実際にはshowMessageブロックのみが必要です。このブロックは、[ コンポーネント ]タブにあるデフォルトのブロックの1つです。

これは、サイドノートにありますが、私たちは追加するたびにコンポーネントロジックエディタタブでコンポーネントを作成します

showMessageブロックをonClickイベントブロックに接続しましょう:

ブロックに「Hello World!」を追加する

次は携帯電話にこのプログラムをインストールしましょう!

スマートフォンへのインストール

ビューエディタまたはロジックエディタに戻ります。右下に大きな太い字のRUNと書いたボタンが表示されます。このボタンをクリックすると、完成したプロジェクトがインストール可能なAPKファイルに変わります。

それをクリックして、インストールします。

プロジェクトの共有とエクスポート

最初のプロジェクトを作成しました。このプロジェクトをどのように共有しますか?

それを行うには2つの方法があります:

  1. 他のSketchwareユーザと共有する
  2. APKファイルをメールでエクスポートしてGoogle Playストアで共有またはアップロードする

Sketchwareでの共有

[ マイプロジェクト ]タブに戻り、プロジェクトの横にある3つの点をクリックします。スクリーンショットを添付して、アプリケーションのタイトルと説明を追加することができます:

Shareボタンをクリックすると、[ 共有プロジェクト ]タブでそのボタンを見つけることができます。

Sketchwareの外部での共有

友だちや親戚など他のユーザーと共有できるAPKファイルをエクスポートしたり、Google Playストアにアップロードしたりすることができます。ただし、Playストアにアップロードするには、Playストア用のデベロッパーアカウント(有料)が必要です。

まず、必要な証明書を作成すると、後でAPKファイルをエクスポートすることができます。パスワードを忘れないでください!

 注意:この記事は公式サイトを非公式に翻訳したものです。公式から要請があれば削除します。
ソース:midium

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


バイナリエディタ

広告

ITゲームインフォについて

このサイトでは管理人のウォーターとシュガーがandroidやパソコンのカスタマイズ情報やゲームの改造、ラジオ、アプリなどの情報を紹介していきます。
内容は不定期に更新する予定です。

このサイトのコンテンツの無断使用は固く禁じます。

カテゴリー



sponsored link

アクセスカウンター

  • 87現在の記事:
  • 17386総閲覧数:
  • 4今日の閲覧数:
  • 95昨日の閲覧数:
  • 12673総訪問者数:
  • 4今日の訪問者数:
  • 81昨日の訪問者数:
  • 65一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2017年10月29日カウント開始日: